目の病気と健康について



老人性白内障
緑内障
糖尿病と目の病気
飛蚊症
赤ちゃんに気をつけたい目の病気、幼児のメガネ
スポーツやショックによる網膜はく離
ドライアイ、眼精疲労
麦粒腫、結膜炎
 
目薬の使い方
生活習慣から起きやすい目の病気と予防
目の病気に良いとされる、食物、食生活、生活習慣

老人性白内障

一般には「しろそこひ」といわれ、眼の「ひとみ」(瞳孔)の後ろにある透明な水晶体(カメラのレンズに相当するもの)が白く濁ってくる病気です。
レンズが濁ってきますので視力は少しずつ悪くなってきますが、充血とか痛みは全くありません。
また、伝染するものでもなく、遺伝性のものでもありません。
白内障には、いくつかの種類がありますが、一番多いのは老人性白内障で、白髪や老眼などと同じように中年過ぎの老化現象として起こってきます。
統計的にみますと、40歳を過ぎて眼がかすみはじめたら、一応「老人性白内障」の疑いがあります。瞳孔の後ろの水晶体が濁りはじめるのですから、特にはじめのうちは「しろうと目」では診断できません。
できるだけ早く専門医の診断を受けて、その指導により進行の防止に最善の処置をとることが必要です。

図版引用:千寿製薬株式会社「老人性白内障の話」